「セフレができない」人に共通する、間違った思考法とは?

「セフレができない」人に共通する、間違った思考法とは?

 

世の男性のほとんどは、
『セフレが欲しい』と考えていることでしょう。

 

それもそのはず、
本能のままにセックスすることのできる関係は、
まさに男性の欲望の最終形と言えるからです。

 

 

セフレ作りに悪戦苦闘した結果、
「セフレができない…」と嘆く男性は多くいます。

 

かと思えば、「セフレがいすぎて困る」と自慢してくる男性もいます。

 

そもそも、『セフレ』とは一体どのような関係なのでしょうか?

 

セフレとは「セックスフレンド」の略で、
文字どおり「セックスをする友達」を指します。

 

「異性の友達だけどセックスもする」という、
微妙なニュアンスが含まれているのです。

 

セフレというものを勘違いしている男性は多いですが、
自分が好きな時にセックスをすることのできる相手ではありません。

 

あくまでもセフレは、セックスをする“友達”なのです。

 

あなたは、友達を性欲処理の道具として見るでしょうか?

 

セックスをさせてくれる人形と見るでしょうか?

 

もちろん、そんな視点では捉えないですよね。

 

と言うよりも、そんなことを考えていたら、
人としてどうかしていると思います(笑)

 

セフレに対しても同じことが言えます。

 

これをしっかり理解していないと、
セフレ関係が長続きするどころか、
そもそもセフレを作ることすらできません。

 

せっかくセフレ候補の女性が多く登録している
“セフレサイト”を利用していても、
「宝の持ち腐れ」と言わざるを得ません。

 

逆に言えば、セフレを作ることのできない男性は、
『女性を性欲解消の手段としか見ていない』
ということにもなります。

 

「友達の延長線上にセックスがある」というのが、
セフレ関係が成立している前提です。

 

もちろん、女性によってセフレに対する価値観は様々ですが、
基本的に“友達”以上の信頼関係が無ければ成り立ちません。

 

 

私は、この一事を理解していない男性が多すぎると感じています。

 

セフレは決して、「タダでセックスできる相手」ではありません。

 

手っ取り早くセックスできる女性を見つけたいのなら、
風俗に行ったほうが簡単ですし、気兼ねすることもありません。

 

『セフレ = 性欲処理の相手』はセフレを作ることができない思考、

 

『セフレ = 友達』はセフレを作ることができる思考です。

 

当サイトをきっかけとして、
セフレに対する正しい価値観を身に付けてください。

 

そうすれば、セフレ簡単に作れるようになります。

 

 

フリーター男子必見! ≪バイト先でセフレを作る方法≫

 

JD(女子大生)のセフレを量産する方法|セフレの作り方 ≪大学生編≫

 

社会人がセフレを確実に作るためには?|セフレの作り方 ≪社会人編≫

 

30代以上の男性がセフレを確実にゲットするための3つの方法とは?

セフレサイト